本当の自分に気づいた夜。

私は外資系の製薬会社で働く29歳。独身。年収は1千万を超え、日々の業務はきついながらも毎日充実した日々を過ごしていた。

学生時代も一生懸命に勉強し今の会社に入社し、正直女の子に困ることはなかったし自身もあった。少し調子にも乗っていた。

しかし昨日行った合コンで私の人生はガラリと変わった。合コンにも慣れている僕は女の子を楽しませるのは得意だ。昨日も僕は女の子と楽しい夜を過ごしていた。トイレに行こうと席を離れたときに、一緒に飲んでいた女の子が大きな声で僕の話をしているのが聞こえてきた。

「あの外資系いいよね~」

「顔もまぁまぁだし」

「でもさ、自信ありますーっていうのが伝わってこない?」

「わかるー!!ハゲなのに」きゃははは!

ハゲなのに?はげなのに?はげなのに!?

俺はハゲているのか?

それからのことは覚えていない。

今朝、憂鬱な気持ちで鏡をみた。確かに年々薄くなっている気はしていたけど、まだ大丈夫と自分では思っていた、いや思い込もうとしていたのかもしれない。自分がハゲているとは思っていなかったので、昨日の女の子たちの言葉はあまりにも衝撃で心に突き刺さり、この後予定してる他の合コンはひとまずキャンセルした。今日はハゲに関する情報をネットで収集するつもりだ。

本当の自分に気づいた夜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です