本当の自分に気づいた夜。

私は外資系の製薬会社で働く29歳。独身。年収は1千万を超え、日々の業務はきついながらも毎日充実した日々を過ごしていた。

学生時代も一生懸命に勉強し今の会社に入社し、正直女の子に困ることはなかったし自身もあった。少し調子にも乗っていた。
Continue reading “本当の自分に気づいた夜。”

本当の自分に気づいた夜。

枕を見てぎょっとしました。

朝起きたら枕の抜け毛が多いなと思うようになりました。1日に抜ける本数は決まっているとテレビでも言っていたのでその時は気にしていませんでした。数日様子をみてみたら毎回この量が抜けるので段々心配になってきました。このまま行くとゴッソリ抜けてはげるのではないかと不安になりました。合わせ鏡をして見てみても量が極端に減っているという感じはありませんでした。気になってきてしまったのでスカルプシャンプーを買ってきて使うようにしてみました。特に抜け毛が治る訳ではなく、毎日毎日同じ量が抜けていきます。今まで枕には2・3本位しか抜けた事しか無かったのでこれは病気かな?と思って皮膚科に行くことにしました。髪の専門の所に行くと高額の診察代がかかるというイメージだったので皮膚科にする事にしました。診察の結果は頭を洗いすぎて抜け毛が増えたという事でした。確かに夏で頭がグッショリ汗をかくのが気持ち悪かったので家にいったん昼休みに帰ってシャンプーしてからまた午後の仕事に行くようにしていました。合計1日3回頭を洗っていた事を言うと「洗いすぎです!」と先生に怒られてしまいました。こちら

枕を見てぎょっとしました。

私がハゲの人について思うこと

私は最近ハゲの人を見ました。その人の顔はとても優しそうな感じで、人が良さそうな人でした。

そこで私が思ったことがあります。それは、人は見かけで判断してはいけないなぁと思います。

ハゲている人は特に自分もハゲているから、髪の毛がない人の気持ちがわかるので優しい人が多いです。
Continue reading “私がハゲの人について思うこと”

私がハゲの人について思うこと

イケメンだけど若ハゲの先輩

私が新入社員として入った会社に、当時恐らく30歳そこそこだったのに髪の毛がかなりキている先輩がいました。

その先輩は頭頂部ではなく生え際が後退してきているタイプの若ハゲだったのですが、本人もかなり気にしていたのでしょう、髪の毛を長めに伸ばしていました。
Continue reading “イケメンだけど若ハゲの先輩”

イケメンだけど若ハゲの先輩

今日も、また1本、毛が落ちてきました。

今日もまた、髪の毛が1本、抜け落ちてきてしまいました。朝、洋服に着替えまして、荷物をまとめています時でした。それは、屈んだ瞬間でした。はらりと、1本の黒い髪の毛が、確かに私の頭から、落ちてしまいました。

まだ、1本で済みまして、良かったと、心を慰めました。自分で、自分の心を、穏やかにさせました。

そして、朝食を取りました。そして、歯磨きを済ませました。

私の彼氏は、私の髪型、容姿を、とても好きでいてくれています。私も、シャンプーを選ぶことは、好きなのです。ですが、彼氏は、私の髪の毛の香りをかぐことが、とても好きなようでした。

以前、男性の好きな香りの特集を読んだことが、ありました。お風呂上りのシャンプーの香りが、好きな男性が多いらしいのです。

ショックを受けてしまいました。私の悩みは、抜け毛だけだったのでした。

男性の目線からしましても、香りだけではなくて、見た印象、綺麗な艶のある黒髪も好きならしいのです。このインターネットからの情報は、当たっている様子です。私の彼氏を、思い浮かべましても、外れてはいません。男性とは、臭覚だけではなくて、視覚も、敏感なようなのです。

お洒落に力を入れられないときは、女子同士で、出会おうと思いました。

今日も、また1本、毛が落ちてきました。

私の髪の毛事情について

私が抜け毛を気にし始めたのは、とある冬のことでした。

髪の毛が長いので、普段はポニーテールなどにまとめていたのですが、ふと鏡を見たときに、まとめるときの分け目がきれいに見えてしまっていたのです。

分け目を変えれば大丈夫、とその時は思ったのですが、定着した分け目はなかなか変えれず、変えても違和感を感じてしまうのでした。

そして、1回抜け毛を気にし始めると、通常のことも気になり始めました。

くしで梳かしたときに抜ける毛、シャンプーのときに手に付く抜け毛・・・。

以前以上に抜けている気がしたのです。

このままいくと、本気で禿げるんじゃ・・・と本当に焦りました。

結局、季節が変わると抜け毛は落ち着き、一番気にしていた時よりは抜けなくなり、禿げる、までいくことはありませんでした。

犬や猫に毛の生え換わりがあるように、人にもあると知り、あまり気にしなくなったのがよかったのかもしれません。

あと、気にしてしまうと、ついつい鏡を見て髪の毛を触っていたので、それをやめたのもよかったのかもしれません。

他には髪の毛のくくり方を変えました。

きつく結ばず、ひっぱらないゆったり目にくくるようにしました。

前髪も混ぜていたので、おでこが広くなるのが気になっていましたが、それもとまったように思います。

加齢で髪の毛は抜けていくと思いますが、少しでも温存して、禿げないようにしたいと思います。

私の髪の毛事情について

どんどん髪の毛が抜ける恐怖。

私は30代半ばの男性ですが、かなり抜け毛がひどくなって参りました。おやじは禿げていますので、私もいつか来るとは思っていましたが、もうその時が来たのかと恐怖を感じております。髪の毛が抜けていると感じる瞬間は、お風呂の時間ですね。髪の毛を洗っている時に、手に抜け毛がまとわりついているのがわかるのです。その量が多いですね。排水溝にもかなりの数の抜け毛が詰まっているので、それを見るとぞっとしてしまいます。湯船に頭まで浸かった日には、もっと悲惨です。湯船に髪の毛がたくさん浮かんでいるんです。こんなに抜けたら、すぐになくなってしまうなと悲しみでいっぱいになります。まだ30代だというのに、禿げてしまうなんてあまりにも不公平です。鳥越俊太郎を見て、いつも嫉妬してしまいますね。後、寝起きにも抜け毛を感じてしまいます。枕にたくさんついていて、冗談でなく、枕が黒くなっているんです。こんな感じで、日々、禿げていく恐怖と戦っております。この恐怖を味わったことのない人をとても羨ましいと思います。しかしこれが私の運命だと受け入れることにします。

どんどん髪の毛が抜ける恐怖。

出産後にビックリ!大量の抜け毛

今思い返しても、出産後の大量の抜け毛には本当にビックリした。

フローリングの床に長い髪の毛がタラーリと落ちているのなんてザラだった。シャンプーのあと、排水溝が詰まってしまうのも。

私の髪は1本1本が太くて黒くてしっかりしているから、なおさら目立つのだった。

少しでも掃除のわずらわしさを解放しようとロングだった髪の毛をショートにしたっけ。

それでも、髪を梳かした後の洗面台にたくさん散らばっていた…。

そんな不便で不愉快な生活を送っていても、もともと髪の毛の多い私は見た目のことはあまり気にしていなかった。

少なくなった分、まとめやすくなって良いかもなんて気楽に思っていた。

ある日、家族旅行の写真を見て唖然とした。

明るい日差しの中で、前髪の生え際が明らかに透けている私がそこにいたのだ。

しかも後ろの髪が黒々とフサフサしている分だけ、落ち武者感アップ。

なけなしの髪の毛を前に移動して斜めに流して、隠すのに必死になったのは言うまでもない。

このまま、生えてこなくなるのかと心配した。

でも久々に美容院に行くと、後頭部の一部分から大量の短い毛が生えてきていることを指摘された。

見ると確かにツンツン生えてきているのだ。

その後、それはいろんなところに発生して前髪も生えてきた。

髪形がうまくまとまらなくて困ったが、ほっとした。

今では、産後のタレントさんが不自然な前髪を作ると、

あ~抜けてたのね、そして生えてきたのねと見分けられるようになった。

それにしても出産は大変な作業なんだな。

出産後にビックリ!大量の抜け毛